怪我じゃなくて腫瘍だった?大丈夫かハル?

グッズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

病院に行こう

血は止まってるし、大きな怪我でもないし、でも一応先生に診てもらおう。

ちょっと爪が伸びてるから、それで引っ掻いちゃったのかな?

そんな軽い気持ちでしたが、ハルの傷の確認で病院に行きます。

 

ソフトケージの中で暴れるハル。

それを見て、ナッツが「どこに行くの?」と駆け寄ってきました。

お前はお留守番だよ。

 

スポンサーリンク

怪我じゃなかった

傷口を確認してもらったら、どうも傷ではないみたい。

傷口を『皮膚スタンプ』で検査してもらいます。

 

検査結果を見ると、脂肪腫ではなさそう。

ただのデキモノとかではなく腫瘍の可能性が高い。

高いとはいってますが、ほぼ確定みたいです。

問題は悪性か良性か?

 

このまま薬を塗って様子を見る手もあったのですが、少し前に検査してもらった時には腫瘍はなくて、急にできた可能性が高く、悪性だと一気に進行が進むのが怖い。

これからの治療や、ハルとの生活の方針にも関わってくるので検査をしてもらいました。

 

局部麻酔して患部を採取、それを検査機関に送って確認してもらいます。

大体30分程度で採取は完了。

3~5mmくらいお肉をえぐられてました。

腫瘍取るために大きめに採取してもらいましたね。

傷口は縫ったから、あまりわからない。

検査結果は1週間くらいでわかるそうです。

 

スポンサーリンク

カラー嫌い

ハルは首輪やお散歩用のベストなんかが大っ嫌い!

直ぐに外しちゃいます。

傷口を舐めていたのでカラーを着けてもらいましたが、1日もたずに外しちゃいましたね。

ナッツはちゃんと1週間くらいつけてたのに……。

そうだろうと思って、傷口の薬を最初は塗り薬の予定だったのですが、飲み薬に変えてもらいました。

ぜったいに塗った薬をなめちゃうもんね。

 

スポンサーリンク

お金がかかるなあ

今回は4万円くらいかかりました。

痛いですけど、ハルが元気になるなら数万円程度なら全然出します。

フェレットは生体代が安いので飼い始めやすいけど、病気にかかりやすい生き物なので、この程度は想定内。

でも今は仕事を始めたばかりだから、もう少し待って欲しかったなあw

 

調べたらアモキシシリンは抗生物質ですね。

傷口が化膿しないようにでしょう。

ちゃんとお薬飲みなさいよ。

ウチの子はバイトに混ぜれば、なんでも夢中で舐めてくれますw

   

 

にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
グッズ
スポンサーリンク
真機 鈴八をフォローする
フェレットのハルとナッツ

コメント

Copied title and URL